トラブル解決のために法的手段を選ぶ場合はどうしたらよいのか

年々ご近所トラブルに関する事件は複雑さを増しています。いざトラブルに見舞われた場合、どこに相談したらよいのか、どうしたら解決できるのか、考えた挙句に引越しという選択をとる人も少なくありません。そういった場合、早期のうちから弁護士に相談し、どうしたらよいのかを一緒に考えてみるaf0060020114mとよいでしょう。ありがちなのが騒音による被害です。まずは弁護士から相手に内容証明を送り、行為をやめさせるようにしてみましょう。これを送ることにより記録に残るので、それに対して相手が無視などの態度を取った場合新たな対策を打つことができます。また、相手が異議の申し立てをした時は民事訴訟に移行することも可能になります。また、ノゾキや盗撮、盗聴などのトラブルも最近では多くなってきています。あまりにひどい場合、ご近所さんがストーカー化してしまうこともあり、身の危険にさらされる危険もあります。また、こういったケースの場合は内容によっては刑事訴訟に移行させることも可能です。でもやはり突然法的手段を取るのは気が引けるという方は、市町村などでやっている、無料の弁護士相談会などに参加し、自分達の事案についてを専門家に聞いてみてください。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:44 PM

近隣トラブルの際にしてはいけないこととは?

山奥で一人暮らしをしているというのではない限り、近隣トラブルに遭遇する可能性はあります。たとえば、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合、騒音トラブルが起こる場合があります。騒音トaf0060019988mラブルは被害者側になる可能性もありますし、加害者側になる可能性もあります。自分及び他人の生活音をうるさいと感じるか否かというのは人それぞれだからです。
では、騒音トラブルで被害者側になった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。一番いいのは、大家や管理会社など第三者を通じてお願いをすることでしょう。音を立てている側が、意図的にそうしているのでなければ、防音マットを敷いたりと対策を取ってくれるはずです。
避けた方がいい対処としては、自分も音を発して相手に抗議をするという方法です。目には目を歯には歯をということでこのような対処をすると、他の部屋に迷惑をかけることになり、今度は自分が加害者になってしまいますし、また、騒音を出している方が自分の音が迷惑をかけているという自覚がない場合、自分は被害者だということで報復をしてくる可能性もあります。つまり、自分が音を出しているから音を出されているとは思いつかず、一方的に被害者として振る舞ってくる可能性があるということです。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:43 PM

第三者を巻き込む嫌がらせへの対処法について

近隣トラブルの対応が必要とされるケースがあります。第三者を巻き込むような嫌がらせなどを受けてしまう場面もあり、例えば信用毀損となる噂の流布などがあります。このタイプでは真実であっても、嘘の情報であっても第三者へ被害が及んでしまう可能性を持っています。具体的には個af0060019972l人の場合では、借金によって破産しそうな状態であると噂が流れてしまった場合では、関係者に信頼が無くなるケースもあり、企業などの法人の場合でも同様に、倒産してしまうという内容の噂が根拠を無しに流布されてしまった場合では、取引き先との関係が悪化してしまうケースも見られます。対処方法としては弁護士に依頼をすることが必要とされる場面が多く、業務妨害の禁止を前提として対処してもらう方法が用意されています。弁護士に依頼する際には、噂などを流布した相手の特定を優先させることが必要とされており、明確な証拠を得ることができたならば、相手側を告訴することも可能とされています。信用問題に関しては、金銭的な損害が出てしまう可能性を持っている性質があることによって、損害賠償を請求することができますが、同時に慰謝料などを請求することも可能とされており、弁護士と十分に話し合いを行うことが良い方法になります。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:43 PM

物的な嫌がらせに対する対処法と措置

自分の所有物を壊されるなど物的な嫌がらせを他人から受けた場合、法的な対処法としては2種類あります。
刑事上の対処と民事上の対処です。
他人の所有物を壊すという行為は、刑法上器物破損罪に該当しますから立派な犯罪です。警察に通報し、対処してもらういましょう。物を壊されるというハッキリとした証拠があれば、警察はすぐに動いてくa0002_005125れるはずです。きちんと告訴し、犯人に自分の行為が常識を逸しているものであることを認識させるようにすべきです。
それでは、民事上ではどんな責任を追及することができるのでしょうか。
相手の行った行為は、民法709条により不法行為に該当します。故意にひとの所有物を壊したのですから、民事上当然にその賠償責任を負うことになります。その壊された物の経済的価値の弁償義務を負うのはもちろんですが、それに加え、もし精神的な損害も受けているのであれば、物的損害にプラスして精神的損害の賠償も請求することができます。
相手への賠償請求は、内容証明などを使い裁判外で請求することもできますが、人の物を壊すような人間が素直に応じる可能性は低いと思われます。その場合は民事訴訟を起こすしかないでしょう。裁判は専門的な手続きになりますから、司法書士や弁護士などに相談することがベストと思われます。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:42 PM

精神的な嫌がらせに対する対処法と措置

精神的な嫌がらせは、どこでされても辛いものです。学校や職場での嫌がらせも気分は悪いものですが、まだ家に帰れば癒されると思うと、頑張れる人もいるのではないでしょうか。
しかし、多くの人が安らぎの場としているはずの自宅が、嫌がらせを受ける場であったらどうでしょう。
まず、嫌がらせを受けた場合は、証a0002_005111拠は必ず残すようにしましょう。家や敷地にある物を破損したならば、写真や現物を取っておいても良いでしょう。騒音の場合は録音だけでは証拠としての効力が薄い事もあります。騒音計など目に見えてわかる形で残す方が良いです。また、いつ、どのような状況で嫌がらせを受けているのか、記録は残した方が良いです。
こんなことをされたと状況を記憶しているだけの人もいますが、訴訟問題などになった場合、記憶は証拠として認められる事は少ないでしょう。
同じ内容であっても、記憶が新鮮なうちにどのようなことがあったか記録しておく方が良いでしょう。
しかし、精神的な嫌がらせは刑事訴訟ができる可能性は低く、警察に相談してみたが民事不介入と言われてしまうこともあります。そう言う場合でも泣き寝入りすることはありません。弁護士などに相談して、民事訴訟をおこなうことができる場合もあります。
刑事的な罪を償ってもらうことはできませんが、精神的な損害を受けた場合は、損害賠償請求ができることもあります。
自分一人で考えて行動してしまうよりも、弁護士や探偵事務所など、プロの手を借りて解決に向けて行動した方が、より安心できるでしょう。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:41 PM

注意!!ご近所トラブル

近所づきあいが希薄な今日、お隣さんの顔や名前がわからないという人は多いかもしれません。ですが、その分増えてしまったのが御近所トラブルです。よくあるのが出したゴミを広げられてしまったり持ち去られてしまう、いわゆるゴミ漁りと呼ばれるもの。誰しも自分の出したゴミを漁られてしまっては良い気分のするものではありません。また、騒音問題も増えてきています。少し前では音楽やテレビの音がうるさいというのもありましたが、井戸端会議によるa0002_002040騒音は注意もしづらく、そのままにしてしまいがちです。このようなトラブルは専門家に直接間に入ってもらうのが一番なのでしょうが、大したことではないとそのままにして自分が耐えるという選択を取るのも一つですが、住んでいる自治体の役所に相談に行くことも一つの手です。また、ノゾキや盗聴といった被害も増えてきています。ここまできてしまうともはや犯罪につながるおそれもあります。その後の大きなトラブルに繋がる前に早急な対策を打つと良いでしょう。特に心配なのが、そこからストーカーに発展してしまうことです。証拠があれば、警察に被害届を出す事ができます。安心して生活するためにも御近所トラブルをうまく解決できるように窓口を探しておきましょう。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:41 PM

プライバシー問題は裁けない

現在では個々のプライバシー関して気にする方が増えていることもあって、法的な部分としては個人情報保護法などが存在しており、役立つ内容を持っていることになります。この法律に関しては一般的な方が対象となり得る場面として、個人情報を提供することが必要とされる場面があります。例えばショッピングを行う際に住所氏名を提供したり、学校などでも学生を対象a0002_002034として同様の項目を持っていることになります。情報を得た側は常に情報が外部に漏れないように配慮することが必要とされていて、個人情報を転売などを行ってしまった場合では、法律によって裁かれることになります。一般的な生活上でもトラブルに発展してしまうことがあり、隣近所間であっても問題視されることもあります。その中には住居侵入罪というものがあり、内容に関しては名称通りに勝手に自宅内に他人が入り込むことを防ぐ内容を持っているものとしても認知されています。しかし、通常の生活上でも侵入に相当しない範囲での出来事なども存在しており、近所トラブルの中でも多い傾向にあります。単に道路上から室内が見えてしまう範囲では罪になることはなく、このケースでは自己防衛として窓ガラスにミラーフイルムを貼ったりして、工夫することも必要とされています。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:40 PM

騒音問題の場合法的解決は難しい

騒音を規制する法律としては「騒音規制法」という法律があります。しかしながら、この法律で対象としているのは工場や建築、交通などが発する騒音だけです。一方で、近所から聞こえる楽器や話し声などのいわゆる生活騒音を規制する法律は特にありません。このような生活騒音は私たちが生活していく上で関わらざるを得ない問題ですが、取り締まることのできる法a0002_002031律がないために法的な解決が難しい問題でもあります。国の法律では生活騒音を規制することができませんが、他に生活騒音を規制できるものとして住宅規約や条例などがあります。賃貸住宅の場合であって賃貸借契約書にきちんと「騒音や迷惑行為の禁止」という記載がある場合には、生活騒音を理由として大家さんにお願いして根本的な解決をしてもらうことができます。また、地方自治体が設ける条例などにも生活騒音を取り締まることができるものもあります。いずれにせよ、住宅規約違反や条例違反は受忍限度を超えた騒音しか取り締まることができません。また、度重なる騒音によって肉体的苦痛や精神的苦痛を受けた場合には損害賠償請求の民事訴訟も可能ですが、騒音計を使用して音の大きさを測る必要があり裁判で勝つのはとても難しいものです。

Filed under: 未分類 — わたがし 3:39 PM

騒音トラブルが起きた!さてどうする?

自宅周辺、近隣での騒音トラブル。悩まされている方も少なくないはずです。ここでは、そんな騒音トラブルが起きた際どう対応するかという事を綴って行こうと思っています。
まず、騒音トラブルが起きた際にどうa0002_001999しても思ってしまうのが、ご近所付き合い、関係の悪化でしょう。そこがファクターとなって、直接言い出せず騒音に悩まされる日々。そんな生活では、当然快適とは言えません。そんなときはまず、管理会社や不動産の方に相談してみましょう。また、環境庁でも騒音トラブルに対する基準は設けられているので、その基準に沿った形で騒音トラブルについての被害を説明しましょう。環境庁によると、昼間を午前6時から午後10時。夜間を午後10時から午前6時と定めています。騒音トラブルに悩まされるその多くは夜間帯だと考えられますので、その基準をしっかり覚えておくことも大切です。
そして、騒音トラブルが発生した時に本人の自覚はほぼないことも事実。突然トラブルについて突きつけても関係を悪化して終わりとなることがほとんどでしょう。逆上されてしまうこともあるかもしれません。あらかじめ管理人の方に相談し、規則について学んだうえで、穏便にことを済ませられるように立ち回ってみましょう。そうすれば、お互い良好な関係のまま快適な生活を取り戻せるはずです。

Filed under: 未分類 — わたがし 4:37 AM